タブレットでブログを書く時に不満に思うことがある。ウェブでのはてなブログ記事編集において、上のメニューラインや左サイドバーは固定だし、右サイドバーの選択画面を使うと右からも攻められる。さらに強烈なのは下から出てくるキーボードのアッパーカットだ。これで編集画面の行き場がなくなる(下の画面写真)。私は「ひらがな入力派」なので、この手のキーボードが出てくるのは歓迎なのだが、編集領域が見えなくなるのは実に不便だ。タッチ操作で上スクロールをさせようとしても、周囲は動くものの編集画面は動かない。ソフトキーボードも固定の大きさなので小さくできない。編集エリアに入力しようとしても見えないので、タイプライターのような、めくらうちしかできない。やむなく縦表示にして使うのだが、キー間隔が近くなるのでミスタイプも多くなるし、時として縦表示でもダメなときもあった気がする。カーソルキーのないiPad系を使った編集時は、修正箇所の指定をタッチでするため誤動作はしばしば起こり、操作感はさらに悪くなる。いずれ何らかのコロンブスの卵的なソフトウェアキーボード機能が工夫がされ、この問題に対する解決策が提示されることを期待したい。

フラストレーション回避の一つの策は、Bluetoothのハードウェアキーボードを使うことだ。するとソフトキーボードは消え、編集画面として使える。但し、接続に時間がかかるし、そのための余計な設定操作をするのも煩わしい。別の方策は、タブレットをあきらめて、パソコンで編集することだ。画面も広いし、マウス操作を含めたきめ細かな操作が可能になる。私は今は少しでも苛つくと、ブログを書く時は MacBookAir を使ってしまっている。でも総じて、キーボードを使う生産的なアウトプットの時間は長くはないし、ブラウズしている時間が大半だとなると、できればパソコンは使用せずに全部の操作が、手軽なタブレットでできれば良いなという気はするのだ。

f:id:Miketoy:20140222085814j:plain

日本語フルキーボード For Tablet を使用。かな入力とカーソルの存在が魅力。Yoga tablet (10インチ)程度の大きさだと何とか使える。

 

2/26 追記: iPad/iPhone系を使っている人は、iOSのはてなブログアプリを使うのは良いかも。私はFllickrが使えないのとカーソルキーがないので今は使っていないが。