>車で車道を走っていましたが、前から自転車が来て、私の車に向かってガッツポーズをしていました。もう少しで、接触事故になりかけました

逆走自転車のその若い人、貴方に向かって何の為のガッツポーズしたのでしょうね?分かりません。

>事故になったら、結局、車のほうが悪くなりますよね

道交法では前方不注意(安全運転義務違反)で罰せられます(民事では責任割合の裁量は違ってくると思いますが)。

>車道を自転車で逆走する、こういう自転車ですけど、迷惑だと思いませんか?

この件に対して色々語りたいと思います(長文になります)。

ルールがどうのこうのとは言いません(法律の事はそんなにも詳しく有りませんから)。
私が常日頃運転していて思う事は、自転車に乗っている方、安心して道交法で謳(うた)っている方法で車道を走行して下さい
我々ドライバーは当然ながら事故を起こさない為にも前方不注意(脇見)にならない様に最善を尽くして走行しています
前方を走行している自転車を、漫然運転をしていませんから(脇見をしてませんから)何も問題もなく追い越していきます(当然自転車が突然ふらついたとしても、安全な間をとって追い越し追い抜きをしてますから)。
尚、車道を道交法通りに走行している自転車の方は、私が知る限りルールを守って頂いていますね(自転車の方もきちんとせねば車に撥ねられてしまう恐怖心から自己防衛をしてますね)

質問の回答になります、逆走の自転車は怖いです、突然ドライバーの視界に現れてドキッとします、逆走でない限りは自転車の車道通行は、おおいに賛成、お願いしたいくらいです
歩道での自転車走行は車にとっては怖い存在です、歩道の切れ目から切れ目に通行される時、もし自転車が一時停止して次の切れ目の歩道に渡って頂けたら問題は有りませんが、まずそんな自転車はお目にかかったこと有りません。
全部の歩道の切れ目にはスロープが施されていますから、猛スピードで渡って行きます。
漫然運転しているドライバーでしたら、脇道から本通りに出る時、簡単に衝突事故に。
ベテランドライバーでも、よほど慎重に本通に出ないと、障害物等で確認が出来ずらく少しでも前に出ると快走してきた自転車と出合い頭の悲惨な事故になる危険性は大。
amanohasidatekiyouto 1290.jpg

amanohasidatekiyouto 1291.jpg

amanohasidatekiyouto 1292.jpgそれと、自転車が歩行者を避ける為に(歩行者が邪魔になって通行が出来ないからと)急に車道に飛び出て歩行者を追い越して又歩道に戻る行為をよくされます、ドライバーが漫然運転していたら此れも簡単に自転車と車が衝突する(このケースが自転車と車との事故が多いです)ベテランドライバーでも急な事でウッカリして事故してしまう

このカテを閲覧していますと、あるドライバーさんが自転車は歩道を通行せよと力んでいられる方みえますね。
事故が起きない様に脇見せずに運転する事が当たり前ではないんですか。

↑上記に挙げた発表は、皆様と違った見方をしました反発が有るでしょうね。
もう一つ言わせて頂ければ極論ですが、2車線以上ある道路でしたら左側の第一車両通行帯に堂々と真ん中に自転車を走行させても良いと考えています、当然渋滞が予想されますが、長い月日で解決できると思います、車の速度も必然的に速度が落ち交通事故減少にもなると思いますね。
此れは、全てのドライバーさんが反対するでしょう、でもテスト的に中都市で実験して貰いたいと思っています。
(当然、専用自転車道が全国に網羅していない現状日本での提案です)

質問者様、余計な事まで語ってしまいました、失礼しました。

注:
提案の件、自転車が走行していない時は、車は第一車両通行帯に通らして貰う感じです。
7~9時間規制のバス専用通行帯バスレーンの感じになりますが、自転車がいなければ時間に関係なく通行できます。
自転車が第一車両通行帯で左に寄って走行していましたら、車は慎重に事故に絶対ならない間隔をとれば第一車両通行帯を走行できます。 ←このケースに限って自転車優先です

注2:
amanohasidatekiyouto 1291-2.JPG

自転車の歩道走行は写真の赤線のルートで、ほとんどが右折して来ます。
ドライバーの心理行動は、殆どが「一時停止」の標識が有っても停止線の直前で停止せずに、”一気に”左右が見える位置に車を進めてしまいます、その様な行動をとっていますと突然現れた自転車に急ブレーキ操作しても恐らく間に合わないでしょう。
”自転車が車道走行していれば”、突然自転車が車の前に出現する事もないビックリする事もないですね、つまり非常に安全なんです。
自転車、車とも事故なくハッピーエンドだと思います


amanohasidatekiyouto 1291-3.JPG

↑の写真は、自転車(緑矢印)が車道から左折と右折して来ても自転車の行動をいち早く確認でき素早く対応が出来ます、すなわち事故になる確率は0です(前方不注意がなければ)。
車運転の基本は最低限、脇見しない、漫然運転しないが当たり前の事で、其れを条件で運転免許証を交付されたんでしたね


注3:    amanohasidatekiyouto 1287.jpg
amanohasidatekiyouto 1286.jpg amanohasidatekiyouto 1288.jpg amanohasidatekiyouto 1289.jpg↑の写真は、私が住居する中都市のある場所です。 ←13年ぐらい前の写真です
歩道が、わりと広いですから自転車乗りの心理としては当然歩道上を快走して行きます。
運転経験が浅いドライバーさんの多くは、車道上の環境を見る為に一気に見通しが出来る位置に車を進めてしまう(歩道を通過してしまう)
この様な環境は至る所に存在します、どの様な運転操作を行動を採れば悲惨な事故が起きないか分かりますね

               kaitousimasu1の  [ 知恵 第十七条 ]



追記:

>この手の自転車を取り締まれませんか? 完全にバイクやクルマと勘違いして、「車両だ!文句あるか!」みたいに図々しく走るチャリ。確かに自転車は車両で車道通行と謳われてますが、写真のような状況は明らかに危険です。車道通行と言っても自転車は左端に沿って行く法律だったと記憶しています。これ明らかに左端ではありませんし時速40キロ近く出ています。後ろからクルマ来てるのに気付いていないので、クラクション鳴らしてもいいですよね?この走り方はおかしいと思います(車道をロードバイク自転車が通行している一場面)


綺麗な写真を添付されましたね、解答しやすいです。

>この手の自転車を取り締まれませんか?

エッ!何処がですか?

>写真のような状況は明らかに危険です

エッ!どのあたりが危険だと思われたのでしょう、しっかりと前を見て乗っているように見えます。
まずロードバイクの服装装備を見て下さい、ヘルメットもかぶって、大き目のザックを背に、おそらく長距離移動のサイクリングと予想します。
私も経験が有ります、自転車ではないですが徒歩旅で遠距離を歩きました(愛知県から広島宮島口まで)その時の心境は事故が怖いですから自己防衛する為、最大に神経を遣いました。
恐らく写真のロードバイクも車道走行は、きちんと走行せねば事故ってしまう恐怖心から、自己防衛をする為に道交法(ルール)をきちんとせねばと思って自覚して走行されていると私にはその様に見えます。

この写真で判断すると、おそらく通行車両の流れはそんなに速くないと思われますから、ロードバイクは第一通行帯の真ん中で走行して車の流れと同じで走行してほしいです(他の全ドライバーさんは反対するでしょうが私は、その様にしてほしいです)渋滞でノロノロ状態でも同じです真ん中で車に追従してほしいです。
車の流れが速くなれば、写真のような位置あたりで走行願います。
自転車を追い越し追い抜きは、相当なエネルギーを使います(神経を遣います)。

>クラクション鳴らしてもいいですよね?この走り方はおかしいと思います

ホーンは、この状態でしたら自転車乗りの人に失礼だと思います、ドライバーが運転の基本(脇見しない漫然運転しない)運転されていたら追い抜き追い越しなんて何でもない事ですね(いくらかのエネルギーは使いますが)。




 追記2(上記の質問に、00000 00000000さんが回答された関連事項):

質問者さんに失礼かと思いますが、この場をお借りして00000 00000000さんにコメントしたいです。
(5連休の最後の日で時間が有りますからコメントさせて下さい、字数制限まで)

自己紹介も閲覧させて頂きました、バスのドライバーさんですね、何時も安心してバスに乗らさせて頂いています。
本当に安心して乗っています、眠たい時にはぐっすりと眠れる信頼抜群です。

貴方の過激発言(本人の言葉より)一部分では分からない事はないです、でも全体の交通環境を考えた事有りますか?
私が思うには、バスは運転するが乗用車は運転してませんですね。

貴方がよく言われる
>大勢の意見としてチャリとクルマは隔離するべきと言ってんだよ。社会の中で生きてんなら、過半数の意見を聞かなきゃダメだろ?いいからチャリは歩道を走れよ。歩行者が危ないなら降りて押すのがルールだろ

現実と理想とごちゃ混ぜにしてますね。
自転車の歩道走行は、歩行者だけに危険を及ぼすとお考えですね、大型バスを運転しても乗用車を運転した事ないから、その発言が出るんですね。
自転車が猛スピードでスロープを伝って歩道から歩道へ通行している時に、脇道から本通りに出ようとする車との出合い頭の事故の危険性は相当なもんです、ベテランでもウッカリして前に出ようとしたら簡単に衝突します(建物等の死角で)。
車道を走行している自転車なら確認しやすいから漫然運転していない限りは衝突は有りえない

>だが写真のは明らかに違うだろ

貴方の眼から見て此れが危険な状態ですか(環境になります)最低限、脇見しない漫然運転しない条件で運転免許証を交付されたと思います。
であれば、危険でもなんでもない事です、脇見、漫然運転しているから冷や汗を掻(か)くんでしょ。
結論、自転車の車道通行は、歩行者、自転車、車の為にも(事故防止)理にかなっていると思います。

議論する事は、事故撲滅の大切な要素と考えています、00000 00000000さんリクエストが有れば出来るだけお答えします。
此処では字数制限で返信出来ません。



追記3:    他のQ&Aでmarchocias 35th様が回答された談話です(掲載了解済み)。↓

自転車側からの意見を書かせていただきます。
私はロードバイクに乗っており、シティサイクル(所謂ママチャリ)に乗っている時でも基本的に車道を走ります。

自転車で歩道を走行するとなると歩行者を避けて走ることになりますが、それでは自転車の機動力を十分に発揮できません。
時には歩道の端から端までを歩行者が並列歩行していることもあります。
あなたは道を並走して塞ぐ自転車群が存在する場所を、車で走行したいと思いますでしょうか?

また、歩道には大変死角が多く危険です。
自動車の運転者からしたら、無限に連なって路肩駐車している車の影からいきなり歩行者が飛び出してくるようなものです。
さらに言えば、歩行者は自転車が危険な存在だと認識していないことが多いので、いっそう自転車側の恐怖は増します。

自転車側からすれば、道を塞がれることがなく、自転車にもギリギリまで端へ寄って道を確保してもらえる自動車の運転者を羨ましく思います。
正直に言って「自転車が横を走ってると気を遣うし邪魔だ」と言う人の気が知れません。
自動車の運転者が遣わない気を、いったい誰が代わりに遣っているというのか。

そもそも、非常に高い利便性を持つ自動車を使用する運行供用者には、それ相応の義務と責任があるのです。
故に、自己の利益を追求するあまり他者を蔑ろにするような人は自動車に乗るべきではありません。

↑marchocias 35th様有難うございました。 ←これからのQ&Aに回答された談話を載せさせて頂きたいですね(色々な知恵ノート50に)、その回答に勝手に載せさせて頂きますが、削除依頼が有れば、当然ながら即攻で削除し、お詫び申し上げます

ご協力ありがとうございました。



追記4:
質問日時: 2013/3/16 16:49:13  少し関連したQ&Aです。 

Q:
最近交通ルールを守らない自転車が増えているのでしょうか?

A: 私ことkaitousimasu1の回答です。 
>最近交通ルールを守らない自転車が増えているのでしょうか?

昔と比べたら断然良くには成っています、ご承知の様にまだまだ完璧では有りませんですよね。

私の会社では(タクシー)出庫する前の厳しいチェックが有ります。
1.ドライブレコの事故発生時のテレビモニターを見てKYT報告書を出さなければなりません。
2、管理者から前日の事故発生内容等の点呼を受けます。
3、アルコールチェックして、OKとなれば、ようやく日報が機械によって出されます。
4、車の始業点検を細かくチェックして出庫になりますが、出口でも上級管理者がチェックし終えてから、そこで始めて仕事に入ります。
前置きの文言が長すぎたね。

今見せられているドラレコの記録は、信号交差点での横断歩道上で自転車と接触した場面が映し出されています。
状況は、横断歩道上には左右から歩行者、自転車が通行していて完全に途絶えた時に車はGOしました。
ところが、自転車とぶつかってしまいました。
画面上では、その自転車は映っていませんでした(このドラレコはかなりの前方を広範囲に写します)。
自転車は交差点内の所から、車の後ろ斜めから車の直前に横断歩道に入り込んだが為に衝突です。
自転車が横断歩道の入口から進入してくれたら、発見出来ましたが、完全に車からは死角に入いていました。
もし自転車乗りの人が死亡でもしたら即逮捕されて(聖域の横断歩道上の事故は)、腰にロープをつながれて現場検証されます。
勿論、後で裁判になって自転車の過失が多いとなれば軽減されると思いますが。

怖いですね、私もその様な経験が有ります、ですから横断歩道上ばかりでなく、後ろ横からの自転車が居ないか注意して横断歩道を通過します、がドライバーは大変な作業が有りますね、此処まで注意する事が出来るまでは相当なベテランにならないと、難しいかも、とにかく事故防止には万全な体制で運転しなければならないとの教訓でした

注:
私もその様な経験が有ります、の文言はヒヤーとはしましたが事故に成っていませんラッキーでした。
その時に人身事故が発生していたら、この知恵袋に当然ながら参加していません。



追記5:
質問日時: 2013/4/10 00:05:36  関連したQ&Aです。

Q:
ある質問・・・・・

A: yngcs208様、勝手ながら貴方の談話を掲載させて頂きました。 
(削除依頼を出されましたら、即削除します、よろしく願います) 協力をお願いします。
yngcs208様の談話 

自転車側がちゃんと交通ルールを守っている、という前提で話をします。
ただ単に、その自動車ドライバーが下手クソなだけです。
免許取得レベルにもありません。

その上で、自転車の側に問題は無かったかは考えるべきです。
自転車が車道の左にしっかりと寄って走っているかという問題はあるでしょう。
実はこれ、スピードを出す自転車ほど難しいです。スピードが出ると自転車ドライバーは左側のガードレールや植え込みに対して「ぶつかる」という恐怖感が出てしまい、無意識に右に出てきてしまいます。
ロードバイクなどスポーツ系の自転車は、速度が速いのでこの傾向が強くなります。
これは、本人は無意識、無自覚なので対策は難しいでしょう。
自転車は車道で、わざわざ自動車に速度を合わせる必要は無いのです。それをすれば逆に自動車にとって邪魔な存在になってしまいます。俺の経験からすると自転車の車道での速度は20km/h程度までかと思っています。

その他、左側通行を守らなかったり、並走、無灯火、標識無視、信号無視、斜め横断をする自転車は邪魔と思われても仕方ないでしょう。
守るべきルールを守ってないのですから。

ご協力ありがとうございました。



追記6:
質問日時: 2013/12/12 02:12:13

Q:
12月1日の道路交通法改正についてですが、今回の改正で、車道の右側通行禁止(逆走禁止)となりましたが・・・・・

A: yngcs208様、勝手ながら貴方の談話を掲載させて頂きました。 
(削除依頼を出されましたら、即削除します、よろしく願います) 協力をお願いします。
yngcs208様の談話 

元々、自転車は車道での右側通行は禁止でしたよ。

あくまでも今回は、これまでの法では明確でなかった路側帯(道路端の白線外)での扱いを明確化しただけです。
つまり「車道から見て白線の外側でも、右側通行はダメですよ」と明確化しただけです。右側通行出来るのは歩道だけってことです。
そして明確化された部分の罰則だけが、何故かクローズアップされて報道されているのが現状ですよ。

ご協力ありがとうございました。



追記7:
質問日時: 2013/12/27 01:31:39

Q:
12月の初めに法律で自転車を逆走したら罰金とかあると聞いたのですが、どっち道法律を無視して逆走する人がたくさんいると思います。なんでそういう法律ができたのでしょうか?

A: yngcs208様、勝手ながら貴方の談話を掲載させて頂きました。 
(削除依頼を出されましたら、即削除します、よろしく願います) 協力をお願いします。
yngcs208様の談話 

あなたに誤解があります。
12月の法律改正とは無関係に元々自転車は車道での右側通行は禁じられており、逆送したら罰金でしたよ。
なんでそんなルールがあるのかと問われれば、自転車も「車両」の仲間ですから自動車等が左側通行と規定されていることと理由は同じというしかありません。

12月の法改正で変わったのは、自転車が路側帯を走行する場合のルールがこれまで曖昧だったのを、明確に「路側帯も左側通行」と規定したことです。
つまり路側帯も車道と同じように左側通行ですよ、ということになったに過ぎません。大騒ぎするほどのルール変更ではないのですよ。


ご協力ありがとうございました。




追記8:
質問日時:2014/5/5 23:07:15


Q:
ある質問・・・・・・・・

A:
始めに、お断りをしておきます、質問の回答になっていない事をお許しを願います、ゴメン下さい。

既にご存知のように私は、〇〇さんを素晴らしい指導者と思っています、今もです変わりありません。
しかしこのテーマーを回答される〇〇さんの持論には? 
今までは愛嬌として、スルーしてきましたが、今回初めてと思いますが、公に反論させて頂きます。

>後ろからはねられても死ぬのは同じ

ですね、〇〇さんの言われるとおりです、自転車と鎧をまとった車と衝突すれば前だろうが後ろだろうが結果は同じでしょうね、言われるとおりです。

>死亡するのは左側通行の自転車のほうが圧倒的に多い

絶対数では左側通行自転車が当たり前に死亡者多いでしょう、考えてみて下さい今の交通社会は圧倒的に左側通行しているんです、右側通行してる自転車は極少数です、右と左では絶対数が違いすぎます。
もし、左通行と右通行自転車が同数の100人と100人でも〇〇さんは右通行の自転車が死亡事故は少ないとのお考えですか?
これこそが、証明できるグラフを添付してほしいです。

>左側通行は車が見えないから、車が自転車を見落としたら、気が付いたら天国にいたってことになる

〇〇さんが何時もおしゃいます免許所持者の責任を問われてますね、弱者を守る事は免許所持者の務めだと、弱者がどんな行動を取ろうが事故を起こしてはダメと説いてみえますね。
であるなら、免許所持者の責任において前方を注視して進行するから事故になりません。
中には、人間ですからミスをする事も有るでしょう、脇見、居眠り等有るでしょう、それは自転車が右側通行していても同じ事です。

>右側通行なら車の接近がわかるから避けることができる。実際に春日部の女子高生がガードレールを飛び越え前歯を折っただけで助かった例もある

〇〇さんが一番言いたい文言がこの例でしたね。
右側の自転車乗りが、全ての状況下で避けれると思っていますの?
とんでもないですよ、一つの例を挙げます。

自転車が右カーブを曲がっている時に突然、車が目の前に現れたらビックリするだけで何も出来ませんよ。
当然車の方も、突然に現れた自転車を避けることは出来ません、ウーもスーもありません思い切り衝突します。

直線道路でも同じです、突然に車が寄って来てぶつかって来たら、一瞬に気づいても99%の確率で何も出来ません。
例え一瞬でも逃げようと感じる奇跡が起きても物理的に即逃げれる環境はそうそう有りません。

>ドライバーとしても、左側通行の自転車は、いきなり右へ「フラッ」と 寄ってくることがあるが、右側通行の自転車は車が見えるから寄ってくることはない

免許所持者の責任は弱者を守る事でしたね、>いきなり右へ「フラッ」と寄ってくることがある ← 免許所持者なら当たり前に予測せねば、危険予知するのは当たり前ですから危険でもなんでもない。
>右側通行の自転車は車が見えるから寄ってくることはない ← 果たしてそうでしょうか、自転車乗りも、たまには脇見する時もある、であるからその文言は言い切れないです。

>ドライバーは殺す側だから、殺される怖さがわからないから、左側通行のほうが安全などと言うのです

この文言もよく分からない、ドライバーは死亡事故を起こせば相当な罰を受けますから非常に怖いです、と強烈に誰しもが思っています。
>左側通行のほうが安全などと言うのです ← 左通行の方が安全だから安全と答えてるだけですよ。 

繰り返しになりますが、ドライバーは前方を道交法通りに左走行している自転車の動向を注意深く目で追ってます。
自転車の行動は手に取るように分かりますから何も怖くありません。
しかし、右側通行の自転車は突然視界に現れますのでビックリします、ビックリするだけならよいが即衝突になりやすい、否簡単に衝突します。
右通行の自転車が路上に駐車してる車をよけて進行しますと、車側は駐車車両影から突然目の前に飛び出された感じで 急な対処は恐らく出来ないでしょうね

注:
〇〇さんの回答です。 ↓

後ろからはねられても死ぬのは同じ。
首が取れて死ぬ(右側通行)のと、五体満足で死ぬ(左側通行)の違いだけ。
また死亡するのは左側通行の自転車のほうが圧倒的に多い。
左側通行は車が見えないから、車が自転車を見落としたら、気が付いたら天国にいたってことになる。
右側通行なら車の接近がわかるから避けることができる。
実際に春日部の女子高生がガードレールを飛び越え前歯を折っただけで助かった例もある。
ドライバーとしても、左側通行の自転車は、いきなり右へ「フラッ」と寄ってくることがあるが、右側通行の自転車は車が見えるから寄ってくることはない。

ドライバーは殺す側だから、殺される怖さがわからないから、左側通行のほうが安全などと言うのです。