私はこの夏からアメリカの大学に進学しますが、今回は経験をもとに、大学エッセイを書くにあたってコツをいくつか紹介したいと思います。

 

エッセイのテーマは大学によっていろいろ違います。今年のニューヨーク大学のエッセイのテーマは"Why New York University?"でした。

1.アピールをする

基本的には”なぜうちの大学???”ということについて記述しないといけません。注意することがあって、具体的に書いてください。例えば、私はカナダのバンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学応募した際、"なぜバンクーバーなのか"ということも書きました。例えば、人種の割合を書き、中国人が多いため、アジア人がどのように欧米国にfit inしているのかが興味ある。などと書きました。

2.経験を聞いてくるエッセイ

海外大学は私たちがどのような経験をしているかにとても興味があります。

例えば、"どのような郊外活動をしていたかとか?""そこから何を学んだ?"などと聞いてきます。

このような質問に答える上で大事なのは、自分が多くの経験を持っていること、それだけど。

所詮、うわべだけの一般的なことを述べても、落ちます。

今の学校で多くの経験をしてください。

最後に、簡単なアドバイス

文字調整は後からする。とりあえずかけることは書きまくって、後から調整するやり方をお勧めします。

誰かに読んでもらう。英語の先生または英語ができる友達。これは、英語を見てもらうというよりも、相手に自分が言いたいことが全部伝わってるか、見てもらいましょう。

エッセイは使いまわせ!結局、正直なところを言ってしまうと、エッセイの少しいじるだけで、ベースとなるエッセイが2-3個あれば、何十校もアメリカの大学に応募することは可能です。しかし、注意があり、しっかり読んで、そのエッセイが本当にfitしているのかをしっかり、チェックしてください。