九州に大寒波が訪れた先週日曜日、

我が家の次女が朝から38℃の発熱。

 

その日は吹雪いていて外には出れず、

翌日も雪に影響で保育園を休ませたため

ひとまず安心です。

 

でも、翌日(月曜日)の夜に体温を計ると、

またしても39℃近い発熱

今朝になっても熱が下がらないため、

二日続けて保育園休みが決定しました。

 

パパは、入社3ヶ月のため

まだ年次有給休暇の付与がなく、

休みを取ると欠勤扱いになります。

 

一方ママも、パートとはいえ

少ない人数で仕事を分担しているため

休みにくい状況です。

 

最悪、ママの働く職場の休憩室で

寝かせとこうかとも話したのですが、

結局はママが休みを取る形になりました。

 

何もないときなら迷わず休めますが、

仕事が立て込んでいるときは

最少人員で仕事を回している場合は

なかなか休みが取りにくいもの。

 

まさに、毎日薄氷を踏む思い」です。

 

ものの数時間でもいいので、

病気や病後の子どもを見てくれるしくみ

があると、パパやママにとって

これほどありがたいものはないですよね。

 

病児保育のような大それたものではなく、

地域のつながりの延長

そうしたしくみができればいいなと思います。

f:id:work-shift:20151101225745j:plain