ジェラトーニ:「今日は結婚記念日かぁ〜♪」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170628002335j:image

ジェラトーニ:「この馬車に乗ればディナーにありつけるのか。。。」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170628002420j:image

ジェラトーニ:「うぅ。。マイバスケットが入らない。。。胃に入れてくるしかないかぁ。。。」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170628002510j:image

今年の結婚記念日は平日!
うっかりバイト休み希望出すの忘れた(T ^ T)

バイトの後レストランへディナーへ〜(≧∇≦)!!

ジェラトーニ:「なら。夜までバッグ入ってることないよね。。♪バイト頑張って〜♪」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170628003155j:image

ちなみに旦那さんバースデー(笑)

f:id:pinkstrawberryflavor:20170628085614j:image

ポチっと1日1票応援お願いしま〜す!

↓ ↓ ↓


人形・ぬいぐるみランキングへ

いつもポチ!ありがとうございます♪

PBM_SETSTEP

2018/04/09

WindowsAPI(Win32API) Advent Calendar 2015 15日目
WindowsAPI(Win32API) Advent Calendar 2015 - Adventar

PBM_SETSTEPは、プログレスバーの1回の進捗での増分をセットするウィンドウメッセージ・・・。

PBM_SETSTEP message (Windows)

何も設定しないデフォルト状態では10進むことになっているようなので、前回のPBM_STEPITの項では20回で最後の位置に到達した・・・。
今回は1進むように変更してみる・・・。

WM_INITDIALOGで、

SendMessage第2引数にPBM_SETSTEP、第3引数に1を(WPARAM)にキャストして渡す・・・。第4引数は使わないので0・・・。

また、タイマーの間隔を50ミリ秒にしている・・・。

f:id:BG1:20151215105312p:plain

最初、この状態・・・。
Button1を押すと、

f:id:BG1:20151215105539p:plain

1回で進む量は10から1になったのでちょっとしか進まない・・・。

f:id:BG1:20151215105627p:plain

しかし、1回にかかる時間が50ミリ秒と短いので速く滑らかに動いている・・・。

Sample/PBM_SETSTEP.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/resource.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/PBM_SETSTEP.rc at master · bg1bgst333/Sample · GitHub

f:id:masa10xxxxxx:20160824223849j:plain

 

あー、どうもみなさんこんばんちわっす。

 

最近この東京の雨降ったり降らなかったりの変な天気のせいでなかなかチャリに乗れなくて地味にストレスたまってます。

 

masa10xxxxxx.hatenablog.com

 

おかげでガンガン電車代かさんどるやんけ。涙

 

8月って毎年こんな雨降ってたっけ??

 

マジ神様、ちょっと勘弁してくださいよー。

 

やっぱ夏なんて晴れてなんぼみたいなとこあるじゃないですかー?

 

たまに雨降るくらいでいいんすよー。

さすがに最近降りすぎっすよー。涙

 

 

どうでもいいけど、てるてる坊主作って雨が止んだ試しはあるのだろうか?汗

 

ってか、いつからてるてる坊主って始まったんだ??笑

 

そんなことばっか考えて生きてる今日この頃。

 

だかひーです、ちーっす。

ま、それはいいとして。

 

 
 

 

昔からサウナの良さが分からない。

 

いきなりでなんなんですけど、これを読んでくれてるそこのあなたにちょっと聞いてみたいことがあるんですけど

 

 

サウナって好きですか??

f:id:masa10xxxxxx:20160824223849j:plain

 

 

こんなこと書いといて、こういうことアレなんですけど

 

 

 

僕、昔からサウナがどうも苦手なんですよね。

f:id:masa10xxxxxx:20160824224122j:plain

 

 

正直、未だに良さがいまいち分からないくらい。

 

今通ってるジムにもあるし、たまに銭湯とか温泉とか行っても大抵あるけど、ほとんど自分から進んで入ることないですもん。(もちろん入ったことは何回かはありますよ。苦笑)

 

サウナが苦手な理由

 

ってのも、サウナが苦手な一番の理由が

 

 

あそこめちゃめちゃ息苦しくないですか??汗

f:id:masa10xxxxxx:20160814110131j:plain

 

 

 

しかも、サウナ入った後極寒の水風呂入るじゃないですか?汗

f:id:masa10xxxxxx:20160824224513j:plain

 

 

あれ、心臓に負担こないんですか??汗

f:id:masa10xxxxxx:20160814105423j:plain

 

まぁ、めちゃめちゃ暑いところから急に冷たいとこに入る気持ちよさは分からないんでもないんですけど、どうしても水風呂にあんま入りたくなくて。

 

さっきまで、せっかく体が温まってたのにまた急に体冷えるわけだし。汗

 

あと、ダイエット代わりに入る人もたまにいますけど、あれ単純に体の水分抜いてるだけだからそりゃ体重計に乗っても体重落ちるに決まってるじゃないですか?汗

 

マジであれをダイエットと思ってる人っているんですかね?

 

試合前のボクサーとかだったらアレだけど。

f:id:masa10xxxxxx:20160824225056j:plain

 

 

僕以外にも「俺(私)サウナ苦手!!」って人います??

これ俺だけなのかな・・・汗

ぶっちゃけ周りで「サウナ嫌い」って人あんま会ったことないんですよね。苦笑

 

サウナのメリット

 

そんなサウナにも、もちろんメリットはいっぱいあるらしい。

 

こちらのサイトによると

goodluckjapan.com

 

知って得するサウナの7つの効果

・肌トラブルを改善!ツルツル美肌に

・不眠を解消!自然な眠りがやってくる

・デトックスして体質改善

・精神バランスを整えるから前向き思考に

・女性必見!冷え性を解決

・サウナでダイエット成功?

 

らしいっすよ。

個人的には運動したほうがよっぽど早そうな気がしないでもないですけど。笑

 

 

あとがき

とまあ、こんなこと書いてますがもちろんサウナの存在自体を全否定してるわけじゃないです。

 

ただ、「よく考えたらサウナ嫌いって人あんま見たことないなー」と思いまして、もしかしたらこのブログを読んでくれてる人の中に誰かしらそういう人もいるんじゃないかと思いまして。笑

 

実際います?僕と同じような感じの人?

 

けどまあ、グラビアアイドルと相席できるサウナだったら我慢できる自信しかないけど。

f:id:masa10xxxxxx:20160824225758j:plain

 

こんなん、漢(おとこ)の夢でしかないだろ・・・

 

おあとがよろしいようで。

 

ばいちゃ。

 

 

サウナの教科書 大人のたしなみシリーズ 学研ムック

サウナの教科書 大人のたしなみシリーズ 学研ムック

  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2015/07/02
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2012/11/23
  • メディア: DVD
  • 購入: 1人 クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (78件) を見る
 

 

 

 

 
 

 

 

”先人の知識は財”

 

歴史は またその歴史を実際に体験し 語り手となってくれる方は、

ここ数年 年月を重ねるごとに 私が想像していた以上に尊いものであると実感します。

 

 

先人の 歴史を生きた人たちは

今現在へ至るまで

文字通り 血の滲むような努力の積み重ねで

今現在の日本・そして世界が成り立っていますよね。

 

 

先人の それこそ戦時・戦中を体験した方達は口を揃えて類似したことを

私達 若年者へ言います。

 

『私達が生きてきた時代は勿論大変で、それに比べれば ”その時苦労したようなこと”は 楽な時代になった。

…それでもあなたたちの時代は私達とはまた別の難関が多々あるし、もっとでてくると思うよ。』

 

人生の先輩はやはり違いますね(><)

 

またこうも言ってくれます

『…でも だからこそ ”強く生きなさい”

…せめて”生きてさえいれば”なんとかなるのだから』

 

f:id:zitumiki:20170218211248j:image

 

”生きてさえいれば 道は開けるのだから”か

朝から緊急放送の訓練で起こされ眠い。

f:id:GandhiKhan:20160925122013p:plain

今日は久々に雨が上がった感じ。

f:id:GandhiKhan:20160925122258p:plain

いつもチェックしているライブカメラはこんな感じで

f:id:GandhiKhan:20160925122645p:plain

潮周りはこんな感じ。

f:id:GandhiKhan:20160925122708p:plain

久々に午前中から入水する。腕時計忘れた。

f:id:GandhiKhan:20160925122937p:plain

雲は多いが空が綺麗に撮れて良いね

f:id:GandhiKhan:20160925123149p:plain

いつもの撮影場所近辺は混み合っていたので

f:id:GandhiKhan:20160925123420p:plain

中央付近にワープする事に

f:id:GandhiKhan:20160925123658p:plain

レフトの方が乗り切れる波が多かったかもしれない

f:id:GandhiKhan:20160925123918p:plain

そう言えば昔からバックサイドの方が好きだった

f:id:GandhiKhan:20160925124156p:plain

波は厚速いというか、昔通った辻堂を思い出した

f:id:GandhiKhan:20160925124440p:plain

ピークは割れ辛くすぐ捕まる。ショルダーからだとショートライドオンリー

f:id:GandhiKhan:20160925124829p:plain

サイズが上がるとレギュラーのボトムターンとトップターンの返しが鬼門

f:id:GandhiKhan:20160925125251p:plain

波勿体ないお化けが出るで~

f:id:GandhiKhan:20160925125801p:plain

バックサイドには秘儀グラブレールがあるから無問題

f:id:GandhiKhan:20160925125528p:plain

今回のご愁傷さま動画はこちら↓


サーフィン 千葉北 2016/9/25

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

2/19、山形県山形市、つるつるかめやに行ってきました。


f:id:kazu_ma634:20170414230917j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20170414230918j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20170414230919j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20170414230920j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20170414230921j:image:w400
めかぶ塩中華チャーシュー飯
めかぶ、岩海苔、水菜のトロトロ感とシャキシャキ感が合わさった食感が面白い。


https://tabelog.com/yamagata/A0601/A060101/6004522/tabelog.com

介護。

2018/03/10

結婚するまでに「介護」の資格を取得しようと考えていただけのことが、
気付いたら、介護学校に二週間通い詰め、資格を取得し、

母と同じ介護の道へ進んでいる自分。

 

介護に携わって、もうすぐ二ヶ月。

 

毎日、こんなにも考えさせられ、

毎日、四六時中笑顔で接し、

毎日、誰かを笑わせようと必死になること、

どれも初めてのことで、

こんなにも学ばされる職があったなんてとただただ驚かされてばかり。

 

本当に良いお勉強させて頂いてます。

 

 

*しばらく、院生や研究者はどんな生活してるんだろう?彼らはどんな人々?といった内容の記事を書いていました。が、教育に関して記録しておきたい本を読み終わったので、自分の意見をはさみつつ、レビュー記事を投稿致します。

*************************************

 

ここ数カ月の間、虐待事件と見られる幼児の死亡容疑で逮捕される親とその交際相手や再婚相手のニュース、昨今に話題となった毒親による搾取される体験記の出版を、頻繁に聞くような気がする。そのたびに、親が子を「大切」に思って養育し、日本国憲法の「教育をうけさせる義務」に則って子どもの教育にかかる経済的な負担やそれを免除するため、親は協力的であること、ということを前提にして日本国の教育行政の制度は、整えられているのだということを、否応なしに意識してしまう。

 

こうした我が国の教育行政では、「子を大切に養育する親」や、「子が教育を受けることに協力的な親」ではない親を持ってしまった子どもたちは、家庭環境や学校での人間関係によって、中等教育を中退しやすくなり、結果、貧困に陥りやすくなる。その点に触れた本を今回は紹介したい。

 

仁藤夢乃『女子高生の裏社会 「関係性の貧困」に生きる少女たち』

(光文社新書711)、2014年

f:id:nakami_midsuki:20160819013605p:plain

 

著者の仁藤夢乃氏は、家庭での親や兄弟姉妹との関係悪化、経済的貧困によって「関係性の貧困」を抱えることになってしまった「女子高生」を囲い込み、JKリフレやJKお散歩といった性的営業に結びつく、あるいは結びついた上に彼女達が容易に売春する産業の危険性を説き、また同じような境遇にいる少年を含め、青少年を支える活動をしている。かつて、著者自身が渋谷で「難民女子高生」として、ビルの屋上で段ボールを敷いて仲間と野宿することもあったという、当事者であったことが、原動力になっているようだ。

 

本書は、そんな著者の支援活動の中で出会った数人の女子高生に、インタビューを重ねて彼女達の置かれた家庭・学校での不安定な人間関係や経済的な困難さを把握し、JKリフレやJKお散歩の危険性を「告発」するノンフィクションである。インタビューの間には、こうした性的産業の背景にあるスカウトや店長といった経営側のシステム(「関係性の貧困に陥っている女子高生たちを衣食住や学習の面でもサポートする機能を備えた店もある)、女子高生たちを囲い込んだ後に水商売や風俗店へ繋げる危険性を細かに書き、アンケートに基づくデータを示すことで、彼女たちの置かれた状況をクリアに浮かび上がらせている。

 

 

著者が取材した女子高生たちの個別の状況、および性的産業の実態、彼女達を「買う」男性たちのことは、本書を読んでいただけたら、よくわかると思う。そのため、ここでは、彼女達、そして登場する女子高生の一人が著者の仁藤氏の支援に繋いだ少年・タクヤとった、青少年一人一人とのことは詳しく触れないでおく。

 

私が本書のレビューを通じて伝えたいのは、仁藤氏が訴えているように、社会福祉制度に支援を必要とする青少年を繋ぎ、繋いだ後は長いスパンで彼らを見守りつつサポートできるような、そういった活動が必要であるということ。そして、私がここに付け加える提案としては、そういったサポーターは家庭と学校の「外」に置かれた上で、家庭と学校と連携をとることが理想であるということ。

 

例えば、家庭に精神的に不安定な母親と喧嘩が絶えないという女子生徒は、登下校時や部活、学校でトラブルを抱えても、母親に絶対に連絡をしてほしくないと担任やカウンセラーに訴える。もし、母親に知られてしまえば、そのトラブルが引き金となって母親がますます精神的に不安定となり、その生徒の心が休まる場所が家庭に無くなる恐れがあるからだ。

実際、本書では生徒がカウンセラーに「母親にトラブルのことを伝えないでください」と訴えたにも拘わらず、カウンセラーが生徒に無断で自宅に連絡し、母親に伝えてしまった。その生徒は母親から悪化する罵倒を受け続け、精神科にかかるようになり、家庭で安心して眠ることができなくなってしまったという。この一件で、女子生徒は大人への不信感を強め、周囲に相談することを諦めてしまったという。

 

中学校・高校時代、生徒は日常を主に家庭と学校で過ごし、居場所と人間関係が狭い世界に限定されがちである。トラブルがどちらか、あるいは両方にまたがる形で起こると、たちまち、逃げ場がなくなってしまう。もし、上記の本書の女子生徒のケースで、家庭と学校の外に彼女が相談できる場所があれば、または相談できる大人がいれば、女子生徒は安心して眠る場所を家庭に持ち、大人への信頼を絶つこともなかったかもしれない。

 

 

実際、現場に短いながらもいた者として、また自分の中高時代を振り返っても、青少年には家庭と学校以外の場所はあったほうが、いざという時に救いとなると考えている。さらに、家庭や学校側から見てみた場合、両者と異なる位置に生徒達をサポート(場合によっては「監護」)する機能の団体や場所があれば、この三者各々にかかる負担を軽減することにもなるかと思われる(あくまで、この三者がうまく連携したが場合)。

 

以上のような観点から、家庭と学校の外にいて、青少年に向き合う仁藤氏の活動は、現在の日本の社会状況において、必要であるといえよう。最後に、著者も少し触れているようだが、これからの日本は、「子を大切に養育」しないで暴力や育児放棄する親や、「子が教育を受けることに」に否定的な上に経済的な搾取をする親を持ってしまったとしても、すべての子どもたちが学び、健全に成長することができる場所や機会を持てるような、柔軟な教育行政のシステムが不可欠であろう。

 

つまり、子どもたち自身の自己決定によって、虐待や搾取をしてくるような親から逃れ、生きていくために必要な教育を受けられ、直接彼ら自身が社会福祉制度にアクセス可能な環境を作っていくことが、今の日本には求められているのである。

ここで、本記事を終わりとする。

 

 

*************************************

〈参考〉

●仁藤夢乃氏が代表の団体:

www.colabo-official.net

●著者の自伝:

 『難民高校生 絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル』英治出版、2013年

 

●今回の「関係性の貧困」を考えるきっかけになったオンラインニュース記事

bylines.news.yahoo.co.jp

bylines.news.yahoo.co.jp

 

**************************************

本ブログの関連記事:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

AUSのラジオニュースでこの研究結果を言ってました。妊娠中に牛乳をたくさん飲むと子どもの背が高くなる―デンマーク研究

子どものころ、「大きくなるから牛乳を飲みなさい」とよく言われたものですが、これはあながちウソではない..........≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

そもそも酪農(特に牛乳)が保護されてるデンマークのデータです。

デンマークで牛乳はメーカーの税金が特別扱いになっていると、

OETコースのリーディング(引用元は科学雑誌)で知りました。

あと、そんなに長期間研究してたら、母親が妊娠中以外のその他の要因のでは?

被験者を操作できると思うし。

私の中では、この研究は牛乳消費拡大を狙ったものという気持ちが強いです。

デンマークというよりはこの研究結果がマスメディアによって伝播された

世界各地の人々の。

特に日本人やアジア人の。

私個人の感想としては、

妊婦さんが特定の食物を摂取しすぎると、生まれた子どもは

その食物に対してアレルギーを発症しやすくなる(と思う)ので

十分が注意が必要です。

妊婦さん、牛乳の飲み過ぎに注意です☆

www.reddit.com